固定資産税Q&A

○地価が下がっているのに固定資産税が上がるのは?


Q. 地価の下落により土地の評価額が下がっているのに、税額が上がっています。なぜでしょうか?


A. 税負担の公平を図るため、平成6年度より宅地の評価水準を全国一律に地価公示価格の7割を
  めどとすることとした調整措置が講じられ、負担水準(その土地の課税標準額が評価額との比較
  から見てどの程度の水準にあるか示す指標)の高い土地は税負担を引き下げまたは据え置く一方、
  負担水準の低い土地はなだらかに税負担を引き上げる仕組みがとられています。
    したがって、地価の動向に関わりなくすべての土地の税額が上がっているわけではなく、税額が
  あがっているのは、地価が上昇している場合を除けば、負担水準が低い土地に限られています。
    このように、現在は税負担の公平を図るために、そのばらつきを是正している過程にあるため、
  税負担の動きと地価動向が一致しない場合、つまり地価が下落していても税額が上がるという場合
  も生じているわけです。


○土地の固定資産税が急に高くなったのは?


Q. 昨年、住宅を壊したのですが、今年度から土地についての固定資産税が急に高くなっています。
    なぜでしょうか?


A. 土地の上に一定の要件を満たす住宅があると、「住宅用地に対する課税標準の特例」が適用
  され、土地についての固定資産税が減額されます。住宅を取り壊したことにより、この特例が受けられ
  なくなり、税額が挙がったものです。(その住宅としての用途を変更した場合も同じ扱いとなります。)


○家屋の評価額が建築費と違うのは?


Q. 私は、昨年建設業を営んでいるおじに依頼して、かなり安くマイホームを建てることができました。
  しかし、町で決定された評価額は、実際に支払った金額と比べて高いものとなっています。
  なぜでしょうか?


A. 固定資産税の家屋の評価には、個人的な取得事情にかかわらず、「同じ家屋を建てた場合に
  その評価額が同じになるように」という基本的な考え方があります。そのため、総務大臣が定めた
  全国統一の固定資産評価基準によって評価額を求めることになっています。具体的には、屋根・
  柱・壁・床・基礎などに使われている材料の種類や程度に応じて評価額を求めます。
   このように、家屋の評価額は、家屋の建築に必要な資材費や労務費などの建築費用のすべてを
  固定資産評価基準に基づいて求めることになりますので、実際にかかった建築費や購入金額など
  との関連はありません。


○家屋の評価額が下がらないのは?


Q. 家屋は年々老朽化していくのに評価額が下がっていません。なぜでしょうか?


A. 家屋の評価額は、評価の対象となった家屋と同じ家屋を評価替え(3年ごとの価格の見直し)の
  時点において、その場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費に、家屋の建築後の年数
  の経過によって生ずる損耗の状況による減価等をあらわした経年減点補正率を乗じて求められます。
   ただし、その価額が前年度の価額を超える場合は、前年度の価額に据え置かれます。(前年度より
  高くなることはありません。)
   建築年次の古い家屋の一部については、過去に建築費の上昇が続いたため、近年の建築資材
  価格等の下落を加味しても、以前から据え置かれている価格を下回るまでには至らず、評価額が
  下がらないといったことがあります。
   なお、経年減点補正率は、構造・用途・種類等によって決められており、20%を下限としています。


○家屋の固定資産税が急に高くなったのは?


Q. 家屋を新築し、固定資産税が課税されるようになって今年で4年目になります。今年度から
   家屋の固定資産税が急に高くなったのはなぜでしょうか?


A. 新築した住宅が一定の要件に当てはまるときは、その住宅に対して固定資産税が課税される
  ことになった年度から3年度分に限り税額が軽減される制度があります。したがって、減額の適用
  期間が終了した4年目には、本来の税額に戻ることになります。
    なお、3階建て以上の中高層耐火住宅については、一定の要件に当てはまると5年度分の
  軽減が受けられます。


○年の途中で売買があった場合は?


Q. 私は昨年11月に自己所有の土地及び家屋の売買契約を締結し、今年3月には買主への所有権
   移転登記を済ませました。
     今年度の固定資産税は誰に課税されますか?


A. 今年度の固定資産税は、あなたに課税されます。
   地方税法の規定により、賦課期日(毎年1月1日)現在の登記簿に所有者として登記されている
   人に対し、当該年度分の固定資産税を課税することになっているからです。


○納税通知書の内容に疑問がある場合は?


Q. 納税通知書を受け取りましたが、その内容について疑問があります。どうすればよいでしょうか?


A. 納税通知書の内容に質問がある場合には、税務課におたずねください。
   なお、納税通知書の内容について不服がある場合は、その賦課決定があったことを知った日
   (通常、納税通知書の交付を受けた日)の翌日から起算して60日以内に、町長に対して不服
   の申立てをすることができます。
    ただし、固定資産の価格について不服がある場合は、町長に対する不服の申立てではなく、
   固定資産評価審査委員会に対する審査の申出(納税通知書の交付を受けた日後60日まで)
   となりますので、注意してください。


---------------------------------------------------------------------------------------

■お問い合わせ先
  
  串本町役場税務課  0735‐62‐0586(直通)