後期高齢者医療制度について

 平成20年4月から、後期高齢者医療制度が始まりました。和歌山県内の
全市町村で構成する広域連合が制度の運営を行っています。
 後期高齢者医療に加入された方は、国民健康保険や被用者保険の被保険者では
なくなります。

■対象となる方
  ○75歳以上の方
  ○65〜74歳で、一定の障害がある方(申請により広域連合の認定を受けた方)

■資格を取得するとき

こんなとき 手続きに必要なもの
75歳になったとき(75歳の誕生日当日から) 手続きの必要はありません。
新しい保険証をお届けします。
75歳以上の方が転入したとき 印鑑、転出証明書
負担区分証明書(県外からの転入時のみ)
65〜74歳で障害の認定を申請し、
後期高齢者医療を選択するとき
印鑑、障害の状態を証明する手帳等
生活保護を受けなくなったとき 印鑑、保護廃止決定通知書

■資格を喪失するとき

こんなとき 必要なもの
転出するとき
※県内市町村への転出では資格は喪失
 しませんが、届出が必要です。
保険証、印鑑
生活保護を受け始めたとき 保険証、印鑑、保護開始決定通知書
65〜74歳の方が一定の障害の状態に該当
しなくなったとき、または本人から取り下げの
申出をするとき
印鑑、保険証
死亡したとき 保険証、届出人の印鑑


---------------------------------------------------------------------------------

◎お問い合わせ先
  
  串本町住民課  0735‐62‐0561