福祉医療制度からのお願い



入院や手術、定期的な通院等で医療費が高額になりそうな方へ

福祉医療制度では、医療機関の窓口で支払う自己負担分の医療費を助成しています。健康保険から高額療養費(自己負担限度額を超えて支払った分の払い戻し)などの支給がある場合、その金額を差し引いた分が助成対象となります。
ご加入の健康保険にて、「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けて、医療機関の窓口へ提示してください。

※限度額適用認定証等の負担区分は、世帯の所得状況や年齢により異なります。
詳しくは、加入している保険へお問合せください。


「特定疾病療養」「自立支援医療」「肝炎治療」など他制度の医療証をお持ちの方へ

福祉医療制度は、他制度を優先的に適用する制度です。
医療機関では、必ず「特定疾病療養受給者証」「自立支援医療受給者証」「肝炎治療受給者証」等を先にご提示ください。これらの制度を利用して、なお自己負担がある場合、その分が福祉医療の助成対象となります。

福祉医療の財源は、みなさまの大切な税金です。
「医療機関の適正受診」「制度の適正利用」にご協力をお願いします。



お問い合わせ先

串本町役場住民課・福祉医療係    0735-62-0561