納め忘れはないですか? 国民年金保険料


国民年金保険料は、20歳から60歳になるまでの40年間納付して、満額の老齢基礎年金を受けることとなります。また、国民年金では、病気や事故で障害の状態になったときの「障害基礎年金」、大切な一家の大黒柱に先立たれたとき、残された家族に「遺族基礎年金」が支給されますが、これらの年金給付を受けるためには、一定の保険料について滞納がないことが条件となります。

 国民年金保険料納付書は、日本年金機構または田辺年金事務所から送付されますので納め忘れのないようにしてください。
 
 なお、口座振替制度をご利用いただくと、保険料を納める手間と時間が省け、納め忘れもなくなります。口座振替申出書の用紙は役場住民課に備え付けておりますので、お気軽にお申し付け下さい。